平成3年にスタートした「あおもり映画祭」ですが、今年で18年目を迎えます。「日本映画を応援し、映画人にエールを贈る」ことを基本方針として、県内ではなかなか観られない映画を中心に上映して来ました。
 これまでに延321本の上映と、66,120人の入場者を数えます。青森県は舞台やロケ地、出身監督等の関連作品が500本以上ある「隠れた映画王国」でありますが「映画祭」という場から製作者側にエールを贈り、更なる県内ロケの誘致や県内映像作家の育成と、時代を体感できる映像文化を次世代に伝え残したいと願っています。
 毎年、各地区の各団体・チームが選出したこだわりの「この映画」「この映画人特集」をつないで県内各地を走り回っております。
 過去のあおもり映画祭を知っていただくために、アーカイブを作成しました。

@ffあおもり映画祭


第1回
(1992年3月)
第2回
(1993年5月)
第3回
(1994年5-6月)
第4回
(1995年5-6月)
第5回
(1996年5-6月)
         
第6回
(1997年6月)
第7回
(1998年6月)
第8回
(1999年6月)
第9回
(2000年6月)
第10回記念
(2001年6月)
         
第11回
(2002年7月)
第12回
(2003年6-7月)
第13回
(2004年6-7月)
第14回
(2005年6-7月)
第15回記念
(2006年6-7月)
         
第16回
(2007年6-7月)
第17回
(2008年6-7月)
第18回
(2009年6-7月)
第19回
(2010年6-7月)
 
 
         

■ プレあおもり映画祭 (1991年9月)
■ 野外映画特別上映会 (1992年8〜10月)
■ 関連作品特別上映会 (1997年10月)
■ 映画「忍-SHINOBI-」公開記念 「監督と、一夜限りの忍び逢い」(2005年9月)
■ 韓国映画祭(2005年12月)
■ 青森市男女共同参画都市宣言10周年「カレとカノジョの○○××」(2006年10月)
■ 韓国映画の真髄(2007年2月)
■ 第1回映画の街あおもり ショートフィルムコンテスト(2008年12月)
■ 第2回映画の街あおもり ショートフィルムコンテスト(2009年12月)

平成6年10月 『第2回ろうきん一億円基金・奨励賞』 銀賞
平成9年2月 『第2回活彩あおもりイメージアップ大賞』推進賞
平成11年11月 『青森・函館ツインシティ提携十周年表彰』
平成14年2月 『平成13年度・青森県顕彰』 教育文化彰
平成14年2月 『第14回あおもり活性化大賞』 奨励賞
 

■ 映画「青いうた〜のど自慢青春編〜」エキストラ募集のお知らせ(2005年10月)
■ 映画「素敵な夜、ボクにください」エキストラ・ボランティアスタッフ募集のお知らせ(2006年1月)
■ 映画「アオグラ」エキストラ・ボランティアスタッフ募集のお知らせ(2006年3月)
■ 映画「銀河鉄道の夜」エキストラ募集のおしらせ(2006年9月)